fc2ブログ

記事一覧

大晦日

今年を振り返って自分の中で何かが弾けて何かが固まった
仲間、友達、知り合い、子弟、恩師、
目の前から突然いなくなられたり
知らなかった縁ができたり
様々に輪が広がる中で言葉遣いや態度にとても敏感になったな
今までの農家の集団には派閥みたいな変な慣習が存在した
そこからはみ出させないように常に集まりつなぎとめるような地域的なものが存在した
周りから見たらそれは小さな集まりであり井の中の蛙だ
一歩外へ出れば己はなくなり素晴らしい世界があるのに一人歩きが怖くて出られないのかもしれない
釈迦のりんご園の原点は原点回帰だ
決められた道を進むつもりはない
ほぼ毎日のように連絡が来る販売セミナーの誘いや六次化の講習案内、そしてマッチング
これらがなぜ成功しないか
生産のプロが見向きもしないということが大きいと思う
生産か販売かと悩んでいるレベルの人には魅力的に見えるだろうが
一次産業が生産から目を離したらどうなるかは経験者ならわかるはずだ
園地から軸足を離して売り歩くようになれば決められた労働力の中では無理が生じて
まともな売り物はできなくなる
漁師が海に出なくなるのと同じこと
どちらも可能にするには人の二倍どちらもやるか
プロ同士がコラボするかだ
一農家は弱い
強くするには企業化の道もあるがずば抜けたリーダーが必要になる
国や周りが道を開いても一次産業そのものが歩みださなければまた不毛の政策に終わってしまう
政党の政策に踊らされ自分を見失えば失速するのは見えている
城は一日では立つものではない
今、釈迦のりんご園は基礎石を並べている時代
その基礎がしっかりしていれば天守閣を建てることができるかも知れない
足元が見えない漢に城は無理と肝に銘じて一歩ずつ歩もうと思う





スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

救世主釈迦

Author:救世主釈迦
FC2ブログへようこそ!