fc2ブログ

記事一覧

家の上王林好調 摘果

今年は揃いがいい
王林に人工交配したこともあるが
昨年に比べて花芽の充実度が高かった
その年の作柄は前年の夏には花芽が決まり春の結実状況で決まるものではない
弱い花芽は受粉能力も弱く実になっても完璧な形にはならない
長年提唱して実践してきた釈迦農法は
基礎固めなしに一級品にはたどり着けないということだ
それは特殊技術なのではなく
手を抜かない実直な栽培法
剪定においても木を宥める方法が大事でそのための牽制であり親を大事にする剪定なんだ
根が伸びた分地上部も伸ばしていけば
どんなに暴れて成らない木も甦る
縦の枝は命を司る使命を持ち下り枝は
繁殖を司る
前哨の花摘の徹底も全ては次年度のための作業 地道で目に見えない作業だがこの工程が葉を増やし確かな花芽作りの要になる
その他多岐に渡るが近道はないということを知るべきだ
受粉能力の弱い花芽にいくら交配をしたところで無理なのだ
葉面散布であせったところで木のバランスはとれていかない
機械化するほどに一級品のりんごから遠ざかる
先人たちが世界に名だたる技術で積み上げてきた日本のりんごの品質を劣化させていく現状を悲しく思う
浅い知識ばかりが先行して知恵も工夫もしなくなってきた
もしかしたら反映ん木期が過ぎたものは衰退して行くのかもしれない
言葉で講演しても2時間
文章に写し変えて伝えたいのだが夜中しか時間がとれずでなかなか進まない
最近はりんごを作ることが楽しくてたまらない
まさに全力投球の日々が続いていて
毎日が達成感をともなっていく
少し横になるとすぐ魂がぶっ飛んでしまう でも時間がないというのはいいわけでしかない
伝えていく使命を忘れてはいけない

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

救世主釈迦

Author:救世主釈迦
FC2ブログへようこそ!