fc2ブログ

記事一覧

かげのふじ葉摘み

かげのふじはマルバの若木最盛期
面長の縞ぶきの彫りの深いりんごがすだれ状に成っている
一方家の上のわいかは葉摘みを待ちきれずほぼ着色していて堆肥の使い方を学べた
3年前の秋着色が鈍った
明らかに秋の窒素過剰が見て取れた
尻の奥まで着色せず玉伸びが優先された
地形改良を伴う開園22年目
土を肥やしたくて毎年ふんだんに堆肥投入を続けて
いつこんな現象が起こるのだろうかと思っていたが
20年でやっと過剰減少が起きてきた
昨年から余分な窒素切りの目的で堆肥投入をやめた
今年で2年投入をしていない
初めから堆肥はマルチ効果を狙って耕起はしない
強い紫外線から微生物を守るためにそして微生物の餌としてミミズの餌として
堆肥を投入してきた
掘ってみると10センチくらいできた堆肥の層は根がびっしりと張り巡らされている
すごいものなんだなと思える
その下の硬い岩盤には強い根が突き進んでいる
植物ってすごいよなと思う
引力に反比例して育っていく
逞しく凛々しく大きくなっていく
それこそ大地をしっかりつかんで育っていく
近代農業は大地の宝物の土を使わず
利便性を重視して水耕栽培を選び工場で野菜を作ることを選んだ
LEDを駆使して栄養成長と生殖成長を促し促成栽培をする
栄養価から見たら劣っていても見かけの良さを選んでいる
自家野菜を栽培してみると太陽光線をふんだんに浴びた自家野菜は味が全く違う
甘く風味がありトマトやキュウリなどは市販品は食べる気にならない
外出してサラダを食べるときに感じる野菜のまずさはこの違いなのだ
これじゃ子供のトマト嫌いやピーマンを食べない子が増えるわけだと思う
子供時期にこそ美味しい野菜やコメや果実を食べさせたい
その時期の食生活が舌を肥やしていくのに残念でならない
スーパーで売られるものが外見重視のうちは有機農業も発展しないだろうし
つくる人もいなくなる
等級規制が著しく廃棄されるほうが多いくらいのシステムを変えていかないとだめだと思う
野菜の等級を廃止して取れたものがすべてグラム単価で売られるようになればいいのになと思っている
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

救世主釈迦

Author:救世主釈迦
FC2ブログへようこそ!