fc2ブログ

記事一覧

長峰道路上サンふじ終了

今年の11月の気温はやはりだいぶ高く推移している
りんごの玉伸びで実感出来る
10年前は寒くてこの時期はオイル缶を支度して火を炊いて手をあぶりながらやったものだ
今年はまだ一度も降雪もないし予報も出ていない
気温の上昇に伴っての栽培管理は随分と変えてきているが
南の方はまともに花芽形成が出来にくくなっているかもしれない
収穫後の休眠時間が足りないと開花が思わしくなくなってしまう
午後から道路下の着色系統のサンふじ収穫
やっぱりずば抜けた色だ
来年の花芽もゴロゴロでもう剪定の事を想定して見ている
年中作業中は剪定を想定している
どんな剪定をすれば潜在能力を最大限に発揮出来るのか
樹形作りの剪定から入れば潜在能力は薄れその品種本来の味も香りも出てこなくなる
剪定とは師からから学ぶものではなく樹から学ぶもの
何をもって師と呼べるのか
形なら庭師の方がはるかにうまいと思う
ならば何を持って師と呼べるのか
いいりんごなら無剪定の方がいいりんごがなる
ならば何をもって師と呼べるのか
生き方振る舞いそんなことなのだろうか
今の時代剪定を学ぶ機会はとても多い
ならばなぜ品質が劣ってくる
古老の基に通い詰め膝を交えて弟子入りしてきたころ技術は伝承されてきた
答えは学ぶ側のモチベーションなのかもしれない
教えを請うとはそれ位に精神状態を昇華させていかないと身につかないのかもしれない
一年中枝振りを観察し40年の歳月がたった今
樹は一本として同じ形状で表現してはくれなかった
まだまだ勉強せよという言葉が聞こえてくる
まだまだひよっこのくせにという言葉が聞こえてくる
また雪の上に寝転んで樹から教えを請えと言うことらしい
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

救世主釈迦

Author:救世主釈迦
FC2ブログへようこそ!