fc2ブログ

記事一覧

日曜を楽しむ

自営業から株式会社へ
何がどう変わった
規則正しい生活が身についた
時間から時間まで管理職はそれ以外も動くことになるが時間の無駄は確実に減るようだ
週一の休みも完全オフにするとウイークデイのやる気が違う
従業員が時間通りにテキパキ動いてくれるので農業の自営の頃とは雲泥の差だ
コロナが蔓延してからあらゆる組織の活動が激減したこともあって
生活も大きく禊ぎが出来た
ことあるごとに会議だ飲みだ研修会だ旅行だと2月はほぼ空きがないほどに過密スケジュールだったことが
なつかしいような気さえする
30年くらいタイムスリップして戻った感じだ
地域の除雪をする度に地域に残るものの使命感を感じている
息子たちが都会に就職して老人が残り除雪さえ出来ない家庭も増えてきた
村に残った人員がその人たちの面倒も日々見ているが
これが果たして正当な事なのだろうか
地域を支える為に自分の時間を犠牲にして行くのである
法律は都会に合わせて作られていく
遺産相続などは惨めなもので長男次男が農業を捨ててでていき
三男が後を継いで地域貢献をしながら家督の付き合いをこなしていく
だが親が亡くなって相続のさいは悲惨なものである
兄弟は均等に分配と正義を突きつけている
サラリーマン世帯ならば理解も出来るが受け継がれた農地を金に換え分配するケースまで出てきている
地域に残ったものの使命は環境保全や地域の存続のための活動
助け合い農業の継承と多岐にわたる
日本の農業いや一次産業はこうして守られてきたのだが
国の馬鹿どもは新規就農で地方を守れるとしている
代々続いて来たからこそ守れてきたのに何も分かっていない
もしも国内の水田が疲弊すれば人口ダム効果は機能しなくなり下流域は瞬く間に洪水で死ぬ目に遭う
地方あっての都会であることを理解せぬ国家は滅びる
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

救世主釈迦

Author:救世主釈迦
FC2ブログへようこそ!