fc2ブログ

記事一覧

今後の対策を練る

今後の品種構成
多種多様の品種を試作して淘汰されていく品種
こうしてお客様と対面して試食してもらうと実に面白い結果が出てくる
いかに消費者は美味しいものを望んでいるかということだ
実際に目の前で食べてもらうと美味しさという点が突出している
一向生産者はその逆を走って行く
箱数が多い
作りやすい
単価が高い
農協市場出荷はそこが要
このギャップはいかに
食べてくれる人が満足する望むものと
逆方向に動いていく
今年もりんご品評会は二連覇出来た
ただしその裏には究極の味を求めてきた下積みが隠れている
六次化のキャッチフレーズや対面販売が農家収入には繋がらない
消費者が望むりんごを本気で考えないと衰退するだろう
新規就農や六次化の予算を足を使った消費者の声を聞く対策に使った方がいい
今の生産者が向かっている道が受け入れてもらえるかどうかが鍵になるだろう
ずっと前に講演会に行って話したことがある
シャッター街をどうしたら復活させられるかという演題だった
駐車場を使ってくれたら料金を取るのではなくお金をあげればいい
長く滞在すればするほどお金をもらえるようにすればいい
人は人を呼ぶ飲食店には入って行けば無料のお茶をサービスすればいい
織田信長は昔々それを実戦していた
市を開き税を無料とした
人を集める人が集まるものが売れ始める
その仕組みを現代は無視している
広告には金を使うが来てくれる人には全く注目していない
損して得を散れ
前に講演にいった地域はそれを実践した
逆転の発想とはそういうことなんだと思う
夏の暑いなか食堂に入って無料のお茶をごちそうになればいい
なにも注文しなくていい
宣伝費をお茶でサービスしていけばいい
それで店を知ってもらえばいい
人が集まる方法をガチの利益だけで考えているから会議は頓挫する
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

救世主釈迦

Author:救世主釈迦
FC2ブログへようこそ!