FC2ブログ

記事一覧

朝は一面の雪
親父を載せて中央病院へ
定期診断
帰りにいろんな話をして帰る
広船になぜりんごが定着したか
もともと山奥で産業のない村人が生きていくうえで山を切り開いてりんごにかけたという
だが土地がやせていてうまく育たないので豆や牧草を撒いたという
硬くて鍬が入らず柔らかい土を求めて苦労したという
りんごの木は強くそんな土地でも育ち村にリンゴが広がった
少ない平坦部は稲を作付けし情報もない時代に弘前まで歩いて勉強に通ったという
帰り道リンゴ栽培をやめた山肌が寂しく真っ白に見えた
もったいないなあとこぼす父親
どんどん畑をやめる跡取りはサラリーマンになっていく
山の草原20アールしかなかった我が家はひたすら土地を求め購入してきた
土地に対する執着心は土地を持っている人に比べてはるかに強いと思う
就農した俺もそうだった
友達の家では我が家の何倍も耕作していた
ひたすら土地を求め土づくりに励む親の背を見て育った俺はそうすることが自分の使命のように感じて育った
人の何倍も努力せよ
いつも心に刻んだ努力という文字
俺も同様に土地を買い投資を続けて今がある
無くすのも一生増やすのも一生
たった一代でどちらも可能なのだ
午後から倉庫で発送しながら農家を捨てる人たちの話を思い出していた
子供に跡を継げと言えないという
子供は親の背をよく見ている
家に帰って愚痴ばかりの仕事じゃあとは継がない
後継者不足を政治のせいにするが一番の原因は親の問題じゃないのかな
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント